私達こんなモノと暮らしてます。そして食べてます。
Profile
Search this site.
iTune STOR
 iTunes Store(Japan)
twiter
俳句blog


アフィリエイトならリンクシェア

TSUTAYA online ↑50%オフのソフトもあるから要チェック!マヂで

RECOMMEND
Last Dance
Last Dance (JUGEMレビュー »)
AIR
心に沁みる最高の曲です。

思わずくちずさまずにはいられません。
CookClock
amazon.com
楽天フードランキング
MOBILE
qrcode
Others
SPONSORED LINKS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | このページのトップへ
日曜日よりの使者を聞きながら帰ろう
日曜日よりの使者

楽しいときは瞬く間に過ぎて
冬の寒空に家路を急ぐ車を飛ばす
いつもより少し早くゲレンデをでたから
道は明るい
明日からは仕事が始まる
道は明るい
明日からは日常が待っている
目の前に広がる景色は完璧なまでのグラデーション
まるでソリのような雲が空を翔ていた
カーステレオから流れてくる日曜日よりの使者
僕らは大きな声で大合唱
シャラーラーラ
シャラララーラ
西の空に太陽が沈む
道が暗くなっていく
明日からは仕事が始まる
道が暗くなっていく
明日らの日常に気を止む事はない

そして東から昇ってくるものを迎えに行くんだろう
日曜日よりの使者

スッゴイ奇麗な景色だったんです。
いーグラデーションでした。
日曜日よりの使者も最高でした。
ハイロウズの「日曜日よりの使者」の詩の一部を引用いたしました。
営利目的でない事は勿論、作品の品位をおとしめる為のものではありません。
温かい目で読んでいただけると嬉しいです。
| 創作日記 | 22:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
詩のボクシングに感化
恋のかけら

僕は久々に恋のかけらを拾った。

昔、大事に大事に仕舞っていたはずのその欠片は
いつの間にか僕の手からこぼれ落ち
君がいなくなり
僕はそれを受け入れ
欠片は探さなかった。

幾年月が流れ
その存在すらも忘れていた
「恋のかけら」
この小さなかけらは
僕をこんなにも変えてしまう存在だったとは思いも寄らず
当たり前の幸せという日常が
またくるかもしれない
という、ドキドキ感
やっぱりこないかもしれない
という、焦り

そんなどうでも良かったはずの感情が
蒸気機関車に炭をくべ、ゆっくりと車輪が回りだすように
僕の気持ちはゆっくりと進みだす。

この手に、恋のかけらを持って

だけど、君の手にも恋のかけらがあって
僕の欠片に手を差し伸べてくれない
ぼくは何も言わず差し出し、引きつった笑顔を見せるだけ
君も笑ってくれるけど
その笑顔に惚れたのだが
手を差し伸べてくれない
走り出した蒸気機関
盲目なのはこのスチームのせい

握りしめても壊れないのに
声を発してしまえば壊れそうで
汽笛の音にかき消すように
僕はそっとつぶやくだけ
君に聞こえないように

二本のレールは平行で
君が僕の列車に飛び乗ってくれれば良いのに
僕が飛びこめば窓を閉められそうで
君は恋のかけらを届けたい相手の席を
頑に守っている

昔誰かが歌ったてた
そばにいていくれ
スタンドバイミーと

この蒸気機関の速度がもう少し遅くなったら飛び降りて
かけらが少し小さくなってもかまわない

そして、君の陰は見えなくなって
僕はまた

When the night has come
And the land is dark

それでも、ぼくは
恋のかけらを握りしめ
歩く
何百、何千、幾千万の列車のスチームをかきわけて
きっと君を見つけ出し
僕のかけらを受け取ってもらえるまで
時折見せる悲しみの顔を
笑顔に変えるまで

And the moon is the only light we'll see

元旦のよるBSの番組でやってましたねぇ
詩のボクシング
今年で5回目だそうで
いやー、みんな心揺さぶる言葉持ってんなぁ
俺も言葉をもう少し上手く操れたらいいいんですけどねぇ
言葉足らずといつも言われます
| 創作日記 | 04:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
流れる雲を追いかけろ
道

思いのほか空は晴れた
雨やら曇りで気持ちは塞ぎ気味
ラーメンを食べた帰り
秋の空はやたらと雰囲気を醸し出し
一人で歩く僕にささやいた気がする

走れ
時は過ぎ
雲は流れるよ
走れ

と、
いても立ってもいられなくなった僕は
少しお腹いっぱいだったけど
とりあえず
走った。

やっぱりコントラストが違うよねぇ
うん。画素って素敵
走ってる車もしっかり映ってるし
ポープ軒からの帰り道
お腹いっぱい夢いっぱいでしたぁ
| 創作日記 | 07:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
その距離はゼロへ
ゼロ

あと一歩、君に近づく事ができれば
この海でさえ、一歩でわたりきる事ができる
いくつもの波が押し寄せては消えていく
107回までは波の音を数えたが
波の音は止む事も無く
その度に伝えようとした
この気持ち
一歩分
波の合間に
海をみながら
さりげなく
振り向きかけるも
波が引くのと同時に
僕はまるでダンスのように身を引いてしまう
次の波が来たら必ず
君に

今日は鎌倉を巡りながら今後の活動なんかをどうしましょう
ってな話し合いをする日でございました。
僕は遅刻しちゃったんだけど、やっぱ鎌倉って遠いなぁ
ってのが感想です。
大仏はでかい。海は広い。映画は来年。
つうことで

p.s 創作日記はフィクションです。(創作なんですから…)
| 創作日記 | 02:35 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ