私達こんなモノと暮らしてます。そして食べてます。
Profile
Search this site.
iTune STOR
 iTunes Store(Japan)
twiter
俳句blog


アフィリエイトならリンクシェア

TSUTAYA online ↑50%オフのソフトもあるから要チェック!マヂで

RECOMMEND
Last Dance
Last Dance (JUGEMレビュー »)
AIR
心に沁みる最高の曲です。

思わずくちずさまずにはいられません。
CookClock
amazon.com
楽天フードランキング
MOBILE
qrcode
Others
SPONSORED LINKS
<< ベンジャミン・バトン 数奇な人生 | main | チャンネルはそのまま! っていうか変えられない! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | このページのトップへ
おくりびと
そうか、あの人は納棺師だったんだ。

三年前に祖母が逝った時
私は祖母の納棺を見ていて、その死出の支度のすばらしさと、
美しさに見とれてしまっていたのでした。
祖母は化粧してもらい、さらに純白の綿で
角隠しや白無垢を施され、本当に綺麗だった。
祖母より先になくなった祖父の時とは
全く違う納棺の仕方に、時代の変化かなあと
思っていたんだけど、そうじゃなかった
納棺師さんが居たという事だったんだなあと
映画を見て初めて分かった。

死は誰にでもやってきて、本当は身近なことなのだけど
側で不幸(いや死が不幸じゃないとは思うけど)がない限り、
死を肌で感じることがない。
また、あってはならない事だけど
死に関わる職業自体を卑賤的にとらえる感もなきにしもだ。
自分の近しい故人を通して、
そういった職業に携わる方の仕事を間近でみることによって
初めて、その仕事の清々しさを実感できるんだなと
映画を見て改めて感じた。

おくりびと。
家族と一緒に、故人の旅立ちを美しく暖かく行う。
その姿は、例え美しいモックンがやらなくっても
清々しくステキでした。
いやモックンだったら更に美しいけどね(笑)

主演のモックン、広末は本当に美しいねえw
それを囲む山崎努さん、余貴美子さん、笹野高史さん
好きな俳優さんばかりで贅沢な気分。

映画の中でお気に入りのシーンは
仕事場で、モックン、山崎さん、余さんが
クリスマスにみんなで手作りのフライドチキンを
がつがつ、はふはふ、ほうばるシーン。
生きることは食べること。
食べる事への愛情をふつふつ感じる絵でした。

自分が死んだ時、こんな風におくられたい
そう感じた人とっても多いんじゃないかな。

笑いも涙も沢山詰まった
必見映画でした。
満点★5つ!

JUGEMテーマ:映画

評価:
アミューズソフトエンタテインメント
¥ 2,892
(2009-03-18)
コメント:劇場版みて感激!DVDでも見たい!

| 邦画:ドラマ | 11:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 11:55 | - | - | pookmark | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック